株式会社リバコンテック LIVACONTEC リバコンテックトップ > リバコンのメカニズム > コンクリートの劣化
リバコンのメカニズム
コンクリート構造物の劣化要因
コンクリート構造物の劣化要因 コンクリートには、空隙が存在し、時間の経過とともに、ひび割れも生じていきます。
このひび割れや空隙を通して、コンクリート内部に水やさまざまな有害物質が浸透すると、コンクリートの劣化につながります。
さらに、水や有害物質が二次反応を誘発すると、コンクリート内部の鉄筋および鉄骨に錆を生じさせ、結果的にコンクリート構造物の寿命を短くしてしまいます。
そこで、従来、コンクリートの劣化を抑制する手段として、コンクリートの表面(表層)を、有機系樹脂で物理的に覆う工法がとられてきました。
しかしながら、従来材・従来工法では、あくまでもコンクリート表面を覆っているだけなので、時間の経過や物理的な作用により剥離してしまいます。
その結果、従来材の剥離を未然に防ぐためには、定期的かつ頻繁なメンテナンスが必要となり、高いランニングコストがかかっていました。
前のページへ はじめに(前のページ)へ 結晶化のメカニズム(次のページ)へ 次のページへ
高浸透性コンクリート改質剤(液体タイプ)「リバコン・リキッド」「リバコン・エイド」「リバコン・コンディショナー」
有機・無機ハイブリッドコーティング剤(透明型)「リバコン・コート」、無機・有機複合コーティング材「RT COAT」、
高チクソトロピータイプ 無収縮特殊ポリマー系断面修復材「なおしタル」
著作権 © 株式会社リバコンテック